avatar image

アトリエ kawara no ie とは…

川原の家 
川原の家は川のほとりの私の仕事場です。 
元々ここは畑で、川のすぐそばだったので、うちの家族や親戚のあいだでは
そこの畑を 「かわら」と呼んでいました。 
そのうち祖母が叔父のために畑を埋めて家を建て「かわらの家」と呼ぶように
なりました。
人が住んでいた時期もあったけど、しばらく空き家で、
もう人が住める状態ではなくなっていたこの家を私が借りて仕事場として
使わせてもらうことになった時
「アトリエ kawara no ie」と名付け ました。
石がゴロゴロで雑草だらけだった家の周りを毎日毎日ちょっとずつ掘り、
植物を植えていきました。
風は強いし、石ころの多い荒れた土地だったし、庭の仕事を始めたら、自分の
ところはこまめに手入れはできないだろうと主にハーブを植えていきました。
それがkawara no ie のはじまりでした。
庭の手入れをしたり、園芸教室をしたり、鉢植えの作品を作ったり、そして今は
版画やコラージュなどを作ったり、料理やお菓子教室(これは別の場所でですが)、
このkawara no ie で植物と共にあることで色々なことが生まれてきたのだなあ
と思うのです。
でも今、ちょっと、どうすべきなのかと思うこともあり、
kawara no ie のはじまりを思い出してみたりしたのでした…
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する